梅雨に入る前に…押入れの引き戸取ってみました。

 

神奈川県座間市で外装や内装を含めた総合リフォームを得意としている相武台駅近くにあるCureBuildです。


こんにちは!ブログ担当で整理収納・片付けアドバイザーの河野佳子です。


だんだん気温も上がってきましたが、今日はどんより曇り空で、

何だか梅雨を連想してしまうお天気です。


そんな梅雨といえば、ジメジメ湿気ですね~

湿気は私たちの気分も下げてしまいますが、大切なお家にとっても中々手ごわい相手です!


対策はとにかく『風通しを良くする』!!に限りますね。


そこで我が家はタイトルの通り「押し入れの引き戸、取ってみました」

になる訳です。

正直に言えば、湿気対策の理由だけでは無いのですが、結果的には大正解でした。


ここは、玄関横にある4.5畳の小さな和室なのですが、床にクッションフロアを敷き、クローゼット部屋のように使ってます。





押し入れは正に湿気やカビの温床ですから、特に気を付けなければいけませんね。

引き戸を取る事で、デッドスペースが無くなり物の出し入れが格段にしやすくなりますし、正に風通しが良いので中の物がカビる心配もありません。ここまでオープンにするのはちょっと…という方はロールスクリーンなど取り付けても良いと思います。


もちろん整理収納の観点から言いますと、ただ戸を取っただけでは、本当の意味で風通しが良くなったとは言えませんが。


ただ、せっかくですからこれを機に、収納の中の物を減らして風通しの良い暮らしを目指してみてはいかがですか?


お家もスッキリ気分も上がること間違いないですよ!!



いつでもご相談くださいね**


アーカイブ

人気記事